円高が進むと輸出企業の業績が悪化する理由について。

FX 初心者は、外貨の「買い」から入ることが多いと思いますが、買いの場合は、「円高」に注意する必要があります。円高局面では、買った外貨の価値が下がるため、損をすることになります。

円高局面でも、外貨の「売り」から入れば利益を出すことができます。でも低金利が続く日本では、外貨を売るということは、スワップポイントを支払う立場になるため、FX初心者にとっては、抵抗があるようです。

ところで、外国為替相場が円高局面になると、輸出企業の業績が悪化しているというニュースが多くなります。すると輸出企業と取引している会社の業績も悪くなります。

ではなぜ円高になると困るのでしょうか?

例えばある自動車メーカーが、米国に新車を輸出し、1.5万ドルで販売したとします。現在、為替レートが「1ドル=100円」だとすると、新車の代金は 150万円になる見込みです。
1.5万ドル × 100円 = 150万円

通常、代金は米ドルで支払われます。しかも日本国内の自動車メーカーに入金があるのは、数か月先になります。

待っている間に、「1ドル=90円」まで円高が進むと、受け取る金額が135万円に減ってしまいます。
1.5万ドル × 90円 = 135万円

逆に「1ドル=110円」まで円安が進むと、受け取る金額が165万円に増えます。
1.5万ドル × 110円 = 165万円

円での金額を増やそうとして、車の価格を上げると競争力がなくなるので、簡単に値上げはできません。

したがって、輸出企業にとっては、円高では業績が悪化し、円安では業績が良くなります。

そこで輸出企業は、できるだけ円安になった時に、ドルから円に換金したいと考えます。でも外国為替相場が円高局面だと、待っていたら損失が拡大する可能性があります。

国内の従業員の給料や、取引先の企業に代金を支払うためには、ドルを売って円にしなければなりません。

つまり、いつかは必ずドルを売ることになります。すると円の需要が高まることになるため、円高要因となります。

*実際には為替先物市場でも売買されています

1社程度では影響は少ないかも知れませんが、多くの輸出企業が同じような立場なので、なるべく早く円に換金しようとして、円高へ進みやすくなるのです。

また長期の円高になると、輸出企業にとっては、外国で生産したほうがメリットが出てきます。

受け取ったドルで、そのまま現地の従業員の給料や、取引先の企業に代金を支払うことができるため、為替差損の影響を受けずに済みます。

しかも円高ということは、海外で生産した製品や部品を安く買えるということです。すると日本国内の企業の競争力が弱まり、産業の空洞化が起こることになります。

でも円高はデメリットばかりではなく、輸入企業にとってはメリットになります。産業空洞化した分を、他の産業や新しい産業で、上手く吸収できれば、雇用が流動します。

スポンサードリンク

スポンサードリンク






FX初心者入門講座 TOPへ