FX 「くりっく365」は税制面で有利で、しかも安心です。

FX での利益が多い人は、税制面で優遇されている「くりっく365」を検討してみることをおすすめします。

くりっく365は、東京金融取引所(とうきょうきんゆうとりひきしょ)で行なわれる公設の市場です。2005年に東京都千代田区一番町に誕生しました。公設の取引所なので安心して取引できます。

・非取引所取引(他のFX業者)
・公設の取引所取引(くりっく365)

くりっく365を利用すると、FXでの利益は「申告分離課税」として申告できます。申告分離課税のメリットは、一律20%の税率(所得税15%、地方税5%)だということです。どんなに利益が出ても一律です。したがって利益が多いほどメリットがあります。

例えば非取引所取引で利益が出た場合は以下のようになります。
・給与所得 500万円
・給与所得控除額 154万円(500万円 × 20% + 54万円)
・雑所得 180万円(200万円 - 必要経費20万円 )
・所得控除 100万円と仮定
・課税所得金額 500万円 - 154万円 + 180万円 - 100万円 = 426万円
・税額 426万円 × 30% = 127.8万円

公設の取引所取引(くりっく365)の場合は、
・給与所得 500万円
・給与所得控除額 154万円(500万円 × 20% + 54万円)
・課税所得金額 500万円 - 154万円 - 100万円 = 246万円
・税額 246万円 × 20% = 49.2万円
これにFXの申告分離課税として、36万円(180万円×20%)だけで済みます。

トータルの税額も85.2万円(49.2万円 + 36万円)なので、雑所得にした場合の 127.8万円より、かなり安くなることがわかります。

また、くりっく365では、他の取引で発生した損益と通算して申告することが可能です。
(日経平均先物取引、金先物取引、オプション取引など)

さらに損失が出た場合も、税制面でメリットがあります。確定申告した年に控除しきれない時は、3年間に渡り繰越控除することができます。

くりっく365を扱っている会社には、 スター為替株式会社 などがあります。

くりっく365で取り扱っている通貨ペアは、7種類と少なめですが、主要な通貨は取引できるので、初心者には十分だと思います。
米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、スイス、加ドル、NZドルが取引できます。

くりっく365に参加している取扱業者は、非取引所取引より高い財務力を求められます。「金融取の規則」や「金融商品取引法」に適合した会社だけが参加しています。したがって安心して取引することができます。

もちろん証拠金は分別管理されています。投資家の資金、FX業者の資金、取引所の資金は区別して管理しているので、万が一の時にも投資家の資産は守られます。

このように税制面で優遇されていて、安心できる仕組みもあるので、検討してみる価値はあると思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク






FX初心者入門講座 TOPへ