FXで利益が出た場合の税金について。

FX 取引で利益が出た場合は、税金がかかります。儲かった場合はちゃんと確定申告しましょう。

FXの利益は、「為替差益」と「スワップポイント」です。どちらも雑所得となります。雑所得は総合課税の対象となるので、他の所得と合算します。

しかし、あなたが会社員で、給与所得しかない場合は、申告が不要なケースもあります。

例えば年間の給与収入額が2,000万円以下で、雑所得の合計が年間20万円未満なら申告は不要です。でも雑所得が20万円以上になると、申告が必要になります。

この時に注意する点は、他の雑所得も合計されること、雑所得を得るための必要経費は引けることです。収入金額ではないので気をつけてください。

雑所得 = 収入金額 - 必要経費

雑所得は総合課税の対象ですが、総合課税は累進税率なので、所得が多くなるほど高くなります。そのため、あなたの給与所得が多くなくても、FXでの利益が多い場合は、税金が高くなります。

総合課税では、課税所得金額が195万円~330万円以下で20%、そのあとどんどん高くなり、1800万円を超えるとなんと50%にもなります。

例えば以下の場合、
・給与所得 500万円
・給与所得控除額 154万円(500万円 × 20% + 54万円)
・雑所得 180万円(200万円 - 必要経費20万円 )
・所得控除 100万円と仮定
・課税所得金額 500万円 - 154万円 + 180万円 - 100万円 = 426万円
・税額 426万円 × 30% = 127.8万円

もし雑所得が無い場合は、
・課税所得金額 500万円 - 154万円 - 100万円 = 246万円
・税額 246万円 × 20% = 49.2万円
となるはずだったので、78.6万円(127.8万円 - 49.2万円)も税額が増えることになります。

ということは、雑所得が180万円あっても、実際には101.4万円(180万円 - 78.6万円)ということになります。

しかも通常は、FXで損失が出ても控除されません。

そこでFXでの利益が多い人は、税制面で優遇されている「くりっく365」を検討する価値があります。

上記の例でも、くりっく365だと手元に残るお金は 42.6万円も多くなります。しかも損失が出た場合も有利になっています。

くりっく365を扱っている会社には、 スター為替株式会社 などがあります。

総合課税や給与所得控除額、所得控除などの詳細については、 国税庁 のWebサイトをご覧ください。

スポンサードリンク

スポンサードリンク






FX初心者入門講座 TOPへ