外国為替は全ての投資の基本となる。

FX で取引の対象となる外国為替は、いろんな金融商品と互いに影響しあっています。

例えば「株」と「為替」は密接な関係があります。現在は世界中の投資家が日本の株を買うことができます。すると当然、外国為替が大きく影響します。

外国人投資家からみると、ドル高(円安)の時に、日本株を大量に買って、ドル安(円高)の時に売れば、大きく儲けることができます。

詳しく説明すると、外国人投資家は、ドルが高い時には多くの円に換金することができます。その換金した円で、大量の日本株を買うことができます。

株価が上がったら株を売ります。売った段階ではまだ円のままです。そして円高の時にドルに換金すると、より多くのドルになるということです。

ただし株価が下がると、ドル安(円高)になっても利益がでないこともあります。

つまり株価が低く円安の時は、外国人投資家にとって、日本株を買うチャンスとなります。

外国人投資家が日本株を買うということは、円が必要になるので、円の需要が高くなります。これは円高要因となります。しかし円高になれば日本株が割高になります。

このように、円安が円高になる要因を作り、円高は円安になる要因を作るので、複雑に影響しあっているということです。

現在、世界中のお金は、より利回りの良い投資先を求めて移動します。したがってFXだけをやる場合でも、株など他の金融商品の値動きにも気を付けなければなりません。

*外国為替は実需より投機目的がはるかに大きい

逆に多くの金融商品は、どこかで外国為替の影響を受けるので、外国為替を学ぶことは、他の金融商品を深く理解する基本になります。

また外国為替は、株に比べると、銘柄の選択にあたる「通貨の組み合わせ」が少ないので、初心者が迷いにくいというメリットがあります。

FXで外国為替の理解を深め、他の投資の知識も向上させましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク






FX初心者入門講座 TOPへ