FX 円高・円安とは?

FX (外国為替証拠金取引)では、円高・円安の知識が欠かせません。初心者がはじめに戸惑うことでもあるので、ここでしっかり理解しましょう。

よくニュースや新聞で、円高(えんだか)とか円安(えんやす)という言葉を目にします。簡単にまとめると以下のようになります。

・円高 円の価値が上がること
・円安 円の価値が下がること

↑これは理解しやすいと思います。

では「1ドル=100円」が「1ドル=110円」になった時は何というのでしょうか?

一見、円が高くなったように思いますが、実は円安になります。

言葉では理解できても、数字にすると初心者は戸惑います。何か逆のような感じがするからです。そういう場合は以下のように考えると理解できます。

1ドルと交換するのに100円だったものが、110円も必要になるわけですから、円の価値が下がったということです。つまり円安です。

逆に「1ドル=100円」が「1ドル=90円」になった時は円高になります。1ドルと交換するのに100円だったものが、たった90円で済むわけですから、円の価値が上がったということです。

円高や円安はいろんなことが関係して起こるので、非常に複雑です。あることが原因で円高になると、いろんなものに影響して、グルッとまわって、結局円安の原因となることもあります。

ちょうど天気と似ているかもしれません。天気も自然界のあらゆることが関係して、晴れたり雨が降ったりします。予測がとても難しいですよね。

でも単純に考えれば、みんなが円が必要だと思えば、円の価値が上がり円高になります。円がそれほど必要なかったり、他の通貨のほうが人気があれば、円の価値が下がり円安になります。

もう一つ重要なことは、円高・円安は米ドルに対してだけでなく、ユーロ、豪ドル、NZドル、カナダドル、ポンド、スイスフランなどの他の通貨に対しても起こります。

*NZ ニュージーランド

ニュースや新聞では米ドルに対する情報が圧倒的に多いですが、米ドル/円では円安でも、ユーロ/円では円高ということもあります。相場は大きな視点でみるようにしましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク






FX初心者入門講座 TOPへ