FX 外国為替とは?

FX をはじめると、必ず外国為替(がいこくかわせ)という言葉が出てきます。

まずは身近な例で考えてみましょう。

例えば日本とアメリカでは通貨が違います。日本は「円」、アメリカでは「米ドル」を使っています。

日本人がアメリカへ旅行する時、買い物には米ドルが必要です。逆にアメリカ人が日本に来た時は円で買い物をします。

最近は日本国内でも、外国人客が多い場所では、米ドルを使えるところがあります。観光地やファーストフード店、スーパーなどがそうです。

スーパーのレジ脇に「1ドル=○○円」のような表示があったり、両替機が設置されていたりするのを見かけたことがあると思います。

しかし日本国内では、基本的に円で決済します。米ドルで料金を支払われても、困るお店が多いはずです。したがって外国人でも日本円に換金してから使うことになります。

そうなると、1ドルを何円と交換するか決めなければなりません。日本円と米ドルを交換する比率が重要です。

通貨を交換することを「外国為替」といい、その比率を「為替レート」と言います。

もう少し大きな視点でみると、会社が行なう輸出や輸入も同じです。

輸出は外国に商品を売るということだし、輸入は外国から商品を買うということです。当然通貨が異なりますから、外国為替が必要になります。

もっと広げてみると、日本国自体が米ドルを必要とすることもあります。

このようにいろんな場面で、外国為替が出てきます。ニュースや新聞でも必ず取り上げられるのは、非常に重要だからです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク






FX初心者入門講座 TOPへ