FX(外国為替証拠金取引)とは?

FX とは、foreign exchange の略で、元々は外国為替(がいこくかわせ)のことですが、最近では外国為替証拠金取引(または外国為替保証金取引)のことを FX と言います。

FXを取り扱っている業者に取引口座を開設し、証拠金(保証金)を預けると、いろんな国の通貨を売買することができます。

証拠金というのは、一般的な商品代金とはちょっと性質が違って、取引するための担保のようなものです。FXの取引業者に証拠金を預けることで、通貨を売買できる仕組みになっています。

FXが面白いのは、レバレッジ(てこの原理)を利用することで、証拠金の数倍~数百倍の通貨を売買できることです。つまり少ない投資で大きな通貨を売買できます。

FXの取引業者によって、レバレッジの倍率は様々です。中には数百倍のレバレッジを設定できるところもあります。

例えばレバレッジを100倍に設定すると、1万円の証拠金で100万円分の取引ができるわけです。

FXは小額で大きな利益を得ることができる可能性がありますが、もちろん予想の逆に為替相場(かわせそうば)が動いた時は、損失がレバレッジに比例して大きくなります。

初心者にとっては、証拠金やレバレッジの仕組みが複雑に感じるので、FXは危険だと思うかもしれません。

しかしFXの知識が身に付くと、リスクはどんな投資にもあることが分かるし、自分でコントロールできるものであるということが理解できます。

レバレッジ1倍なら、外貨預金とリスクは同等で、しかも手数料が安いので、お得なくらいです。FXだからリスクが高いということはありません。

またFXには、「ロスカットルール」や「マージンコール」という仕組みがちゃんと用意されていて、損失額が証拠金の範囲を超えないように工夫されています。

一口にFXといっても、利益を得る手段はいろいろあります。為替差益(かわせさえき)で利益を得ることもできるし、各国の金利差で利益を得ることもできます。いろいろ方法があるので、初心者は迷ってしまうかもしれません。

でも大丈夫です。この「FX初心者入門講座」では、FXの基礎知識について、初心者向けに詳しく解説します。できるだけ中学生にでもわかるようにしたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク






FX初心者入門講座 TOPへ