FXで外貨を定期的に自動購入する方法は?

FXで外貨を定期的に自動購入できる方法があります。

投資でドルコスト平均法を行いたい時に便利です。

FXはもちろん手動でも売買可能なのですが、
できるだけ取引を自動化したい事ってありますよね?

会社員とかは、仕事がある日中に為替相場をチェックするのは、難しいことがありますから。

そんな時に便利なのが、SBI FXの積立FX「定期外貨取引」です。

銀行の外貨預金とFXのいいとこ取りをした、ちょうど中間的のイメージです。

私も早速試してみました。

定期外貨取引とは、投資家があらかじめ設定した期間(間隔)で、
外貨を定期的に、しかも自動購入することが出来るという優れものです。

毎日、毎週、毎月といった設定ができます。

面白いのは注文する時に、外貨を基準にしても良いし、
日本円を基準にしても良いところです。

例えば、毎日10ドルずつ買うとか、
逆に100円分ずつ買うとか指定できるわけです。

こういうことが出来るのは、1ドルから買えるSBI FXだから。

1日100円分と指定すると、小数点単位で買ってくれますよ。
1.123ドルみたいに。

通貨が安い時には多めに、高い時には少な目に買ってくれるわけです。

まさにドルコスト平均法を活かせる機能ですよね。

また毎月100ドル分、1万円分なんていう設定も可能です。

市場が開いている営業日を自動的に計算して買ってくれます。

でも定期外貨取引の場合は、「買い」からしか入れません。

外貨購入、外貨売却があるだけです。

それと買う時間が、11時30分と固定されている点にも注意。

手動のFXなら、いつでも買えるんですけどねー

定期外貨取引でも、売るのはいつでもOKです。

普通の銀行の仲値(その日の基準レート)が決まるのが日本時間の9時55分。

平常時なら、そこがピークになりやすい傾向があります。

強いトレンドが出ている時は別ですけど。

だから11:30は微妙な時間帯かも。

また定期購入だとスプレッド差がやや広めです。

米ドルで5銭、豪ドルで20銭。

普通のFXだと、米ドル円が0.3銭前後、
豪ドル円が0.7銭くらいからといった状況なので。

以上の点を踏まえて、
それでも定期的に自動購入できるメリットが大きいなら、
投資の選択肢に入れてもいいかなと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク






FX初心者入門講座 TOPへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。